ごあいさつ

緑豊かな大地、
北海道の農業農村の持続的な発展に貢献してまいります。
当社は、昭和43年に発足した北海道農業土木技術指導協同組合を前身とし、 平成15年に株式会社 北海道農業建設コンサルタントとして組織変更し、平成30年で設立から50年、また、組織変更から15年を迎えました。
これまでご支援・ご協力を賜りました関係者各位に深く感謝申し上げます。
この間、北海道農業の産出額が一兆円を超え、国内農業総産出額における割合はますます増加する中、高齢化や農家戸数の減少に伴う経営規模の拡大が急速に進み、新たな営農体制への転換が求められるなど、北海道の農業農村は大きく変貌を遂げています。
設立から半世紀、当社は、全道各地の農業者の方々、関係機関等とともに農業土木に関する数多くの業務に携わり、新たな営農体制に向けての農業農村整備事業の計画、測量、調査、設計の業務を通じ、実績と信頼を培ってまいりました。
当社の社訓である「心と技術を磨く」とは、地域の方々と真摯に向き合い、これまで培ってきた経験、技術を磨き続けることであり、今後とも北海道の農業農村整備を担う専門コンサルタントとして、農業農村の持続的な発展に貢献していく所存でございます。
これまで賜りましたご支援ご厚情に厚くお礼申し上げますとともに、なお一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

株式会社 北海道農業建設コンサルタント